ハーモニカ入門タブ 複音ハーモニカ入門 10ホールズ入門 ハーモニカ入門
複音ハーモニカ入門

ハーモニカの構造と部品

ハーモニカの構造は主にリード、リードプレート、本体、カバーという部品で構成されます。
音源であるリードが振動して音が鳴る仕組みですので、演奏性はリードの材質に左右されます。
リードをリベットでリードプレートにカシメ、それを間仕切りのある本体に固定しています。
共鳴体である本体とカバーの材質や形状でも音色やヴォリュームが異なります。

繊細な部品

ハーモニカのリードは非常に繊細な部品です。
リードプレートに空いている窓と、固定されたリードの隙間は僅かです。
この隙間にホコリや糸くずなどが挟まると、音が出ないなどの原因になります。
またリードはとても薄い金属片です。
この金属片が息により高速で振動します。
従って使用によりリードの根元部分が金属疲労を起こし、調律が狂う場合があります。
消耗部品ですので、調律や交換といったメンテナンスが必要です。

 

 

 

go top