トンボ楽器製作所
- since1917 -

English

株式会社トンボ楽器製作所

Harmonicist
トンボハーモニカ・プレイヤー

トンボ楽器

 

ハーモニカ・プレイヤー
  • 仲村哲也 TEX NAKAMURA

    仲村 哲也
    TEX-Nakamura

    1980年代始めまで、自己のバンドでエレクトリック・ベースを担当していたが、1950年代のサウンドに取り憑かれ、アップライト・ベースに転向。
    1983年に、FENから流れてきたJ ガイルズ・バンドの「ワーマージャマー」に衝撃を受けハモニカを手にする。
    妹尾隆一郎氏に師事し基礎のテクニックを収得。その後は、「F.I.H.ハモニカコンテスト」入賞、アポロシアターのアマチュアナイト・チャンピオンシップに出演(日本人初)するなど、数年の間にトップクラスのハーピストとして活躍する。
    以後国内でスタジオミュージシャンとして数多くの録音に参加。1992年渡米。
    西海岸人気ファンクバンド「WAR」にリーオスカーの後釜として抜擢され、年間平均100本ワールドツアーに13年間参加。Tex NakamuraやWeeping Wioow(咽び泣く柳)の名で、現在も米国ロサンゼルスを拠点に幅広い音楽性と美しい音色で活動中。

    ●演奏動画
    Tetsuya Nakamura playing the harmonica

    Tetsuya Nakamura playing the harmonica2

    ●オフィシャルWebサイト
    nakamura_tetsuya.html

  • 千賀 太郎

    千賀 太郎
    Taro Senga

    1990年、東京生まれ。2歳のときハーモニカに初めて触れる。
    1993年、父親とのユニットBlind lemon brothers で音楽活動を開始。
    1995年、「ビートたけしの元気が出るテレビ」出演。シカゴにてジュニア・ウェルズとの共演を経て、ニューヨークアポロシアターにて、「アマチュアナイト」2位。 1996年、東芝EMIより、シングルアルバム「やめてくれ助けてくれなんだこれは」をリリース。
    1997年、Lee oskarプロデュース「Dreams we share」発表。
    同年 「冨田勲サンウドクラウド」に出演。共演:レイ・チャールズ、リック・ウェイクマン、ディオンヌ・ウァーウィック、マンハッタン・トランスファー等。
    1999年、Blind lemon brothersの自主制作アルバム「またどっかで会いましょう」リリース
    2009年、渡米、グレイハウンドバスでアメリカを縦横断 ストリートやセッションを行う。
    2012年、MONSTER TAI-RIKU結成
    フジロック、アラバキロックフェス、サマーソニック、ライジングサンロックフェス等、数々の大型フェスに出演。
    その間アルバムも毎年、制作発表しスタジオアルバム、ライブアルバム計10枚作成 2020年、 MONSTER TAI-RIKU活動休止し、新たにインストバンド「NONMALT」に参加。

    ●Facebook
    https://www.facebook.com/gataro.0129

  • 大竹英二

    大竹 英二
    Eiji Otake

    1989年 独学でハーモニカを始めその後渡米、NYでジャズ・ブルースの影響を受け本場ミュージシャンとセッションを重ねる。
    1990年 帰国後、続木力氏に師事。
    1997年 師匠の影響により渡仏 パリでジャムセッションを中心にストリート演奏を展開。
    1999年、第19回F.I.H.JAPANハーモニカコンテスト(日本) 優秀賞。
    2000年、第3回アジア国際ハーモニカコンテスト(韓国) 優勝。
    2001年、国際ハーモニカコンテスト(ドイツ)Blues.Rock.Folk.Country部門 優勝
    日本ハーモニカ賞 "奨励賞" 受賞。
    2003年、東京都より「ヘブンアーティスト」 に認定。
    2006年、アルバム「GHIBLI the Harmonica」にてメジャーデビュー。
    2012年、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」に傷痍軍人役で出演。
    番組オープニングでハーモニカを演奏

    保育園から高齢者施設、ホテルや企業パーティー ライブハウスやホールコンサート等、幅広く活動中。

    ●オフィシャルWebサイト
    harmonica.jyoukamachi.com/

  • 倉井夏樹

    倉井 夏樹
    Natsuki Kurai

    1988年5月30日生まれ新潟県長岡市出身。
    5歳の頃から父親の影響でハーモニカを手にし、10歳の頃からハーモニカ奏者を志す。
    高校卒業後にはアイルランド、イングランドを一人旅。
    拠点を関東に移してからはプロのハーモニカ奏者として活動し、年間200本のセッションライブの他、レコーディングやレッスン、ワークショップ開催など、様々な活動でハーモニカの世界を広げている。
    エフェクトを使った演奏ではオルガンやシンセサイザーのような音色を巧みに操る。
    また、チェロの音に聴こえる独自のプレイスタイルは共演者と不思議な化学反応を起こす。
    2018年には17カ国を旅するワールドツアーを、また2019年には日本ハーモニカ賞特別賞を受賞するなど、年々活動の場を広げている新鋭ハーモニカ奏者。

    ●オフィシャルWebサイト
    natsukikurai.tumblr.com/

  • 仲村哲也 TEX NAKAMURA

    仲村 哲也
    TEX-Nakamura

    1980年代始めまで、自己のバンドでエレクトリック・ベースを担当していたが、1950年代のサウンドに取り憑かれ、アップライト・ベースに転向。
    1983年に、FENから流れてきたJ ガイルズ・バンドの「ワーマージャマー」に衝撃を受けハモニカを手にする。
    妹尾隆一郎氏に師事し基礎のテクニックを収得。その後は、「F.I.H.ハモニカコンテスト」入賞、アポロシアターのアマチュアナイト・チャンピオンシップに出演(日本人初)するなど、数年の間にトップクラスのハーピストとして活躍する。
    以後国内でスタジオミュージシャンとして数多くの録音に参加。1992年渡米。
    西海岸人気ファンクバンド「WAR」にリーオスカーの後釜として抜擢され、年間平均100本ワールドツアーに13年間参加。Tex NakamuraやWeeping Wioow(咽び泣く柳)の名で、現在も米国ロサンゼルスを拠点に幅広い音楽性と美しい音色で活動中。

    ●演奏動画
    Tetsuya Nakamura playing the harmonica

    Tetsuya Nakamura playing the harmonica2

    ●オフィシャルWebサイト
    nakamura_tetsuya.html

  • 千賀 太郎

    千賀 太郎
    Taro Senga

    1990年、東京生まれ。2歳のときハーモニカに初めて触れる。
    1993年、父親とのユニットBlind lemon brothers で音楽活動を開始。
    1995年、「ビートたけしの元気が出るテレビ」出演。シカゴにてジュニア・ウェルズとの共演を経て、ニューヨークアポロシアターにて、「アマチュアナイト」2位。 1996年、東芝EMIより、シングルアルバム「やめてくれ助けてくれなんだこれは」をリリース。
    1997年、Lee oskarプロデュース「Dreams we share」発表。
    同年 「冨田勲サンウドクラウド」に出演。共演:レイ・チャールズ、リック・ウェイクマン、ディオンヌ・ウァーウィック、マンハッタン・トランスファー等。
    1999年、Blind lemon brothersの自主制作アルバム「またどっかで会いましょう」リリース
    2009年、渡米、グレイハウンドバスでアメリカを縦横断 ストリートやセッションを行う。
    2012年、MONSTER TAI-RIKU結成
    フジロック、アラバキロックフェス、サマーソニック、ライジングサンロックフェス等、数々の大型フェスに出演。
    その間アルバムも毎年、制作発表しスタジオアルバム、ライブアルバム計10枚作成 2020年、 MONSTER TAI-RIKU活動休止し、新たにインストバンド「NONMALT」に参加。

    ●Facebook
    https://www.facebook.com/gataro.0129

  • 大竹英二

    大竹 英二
    Eiji Otake

    1989年 独学でハーモニカを始めその後渡米、NYでジャズ・ブルースの影響を受け本場ミュージシャンとセッションを重ねる。
    1990年 帰国後、続木力氏に師事。
    1997年 師匠の影響により渡仏 パリでジャムセッションを中心にストリート演奏を展開。
    1999年、第19回F.I.H.JAPANハーモニカコンテスト(日本) 優秀賞。
    2000年、第3回アジア国際ハーモニカコンテスト(韓国) 優勝。
    2001年、国際ハーモニカコンテスト(ドイツ)Blues.Rock.Folk.Country部門 優勝
    日本ハーモニカ賞 "奨励賞" 受賞。
    2003年、東京都より「ヘブンアーティスト」 に認定。
    2006年、アルバム「GHIBLI the Harmonica」にてメジャーデビュー。
    2012年、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」に傷痍軍人役で出演。
    番組オープニングでハーモニカを演奏

    保育園から高齢者施設、ホテルや企業パーティー ライブハウスやホールコンサート等、幅広く活動中。

    ●オフィシャルWebサイト
    harmonica.jyoukamachi.com/

  • 倉井夏樹

    倉井 夏樹
    Natsuki Kurai

    1988年5月30日生まれ新潟県長岡市出身。
    5歳の頃から父親の影響でハーモニカを手にし、10歳の頃からハーモニカ奏者を志す。
    高校卒業後にはアイルランド、イングランドを一人旅。
    拠点を関東に移してからはプロのハーモニカ奏者として活動し、年間200本のセッションライブの他、レコーディングやレッスン、ワークショップ開催など、様々な活動でハーモニカの世界を広げている。
    エフェクトを使った演奏ではオルガンやシンセサイザーのような音色を巧みに操る。
    また、チェロの音に聴こえる独自のプレイスタイルは共演者と不思議な化学反応を起こす。
    2018年には17カ国を旅するワールドツアーを、また2019年には日本ハーモニカ賞特別賞を受賞するなど、年々活動の場を広げている新鋭ハーモニカ奏者。

    ●オフィシャルWebサイト
    natsukikurai.tumblr.com/